安産祈願の妊娠プレゼント。授祝ギフトショップ|安産のお守り『といなずき』

わたしは安産祈願を伝えたくて授祝をプレゼントしました。

ベイビーシャワーのように出産前におめでとうを贈りました。

といなずき

出産のお祝いはあげるけど、授祝はあまり習慣にないのが不思議に思っていました。
海外のベイビーシャワーのように出産前におめでとうの気持ちを贈ることは大変いいと思って贈りました。

私自身が妊婦なので安産祈願をしたかった。

といなずき

私自身が妊婦です。
出産祝いのやりとりは過去にあったけど、授祝は今までにくれた人もいなく、私も贈ったことなかったです。
でも、中には『何か欲しいものある?』とか、つわりのひどかった私に『何か食べれるもの送ろうか?』とか言ってくれた人もいました。ノンカフェインのコーヒーはもらったらうれしいですし、「安産を願っている」気持ちを、といなずきで伝えてくれたらすごく嬉しいなーと思って私は贈りました。

安産祈願のために

といなずき

先日不妊治療6年目で待望の赤ちゃんを授かった友人宅へ行ってきました。本当に嬉しそうでした。
といなずきをプレゼントしたのですが、友人は感極まって涙ぐむ姿を見るにつけ、よかったと思っております。

長い不妊治療を受け、待望の子供を授かった友達。

といなずき

長い不妊治療を受け、待望の子供を授かった友達。
私もそんな幸せな姿を見て、次に続きたいと思っているこの頃です。

新しい命に心から祝福します。

といなずき

妻は45歳。どうしても子供がほしくて通院したし努力したけど体力の限界を感じ子供はあきらめて猫を飼うことにしました。
妊娠してるひと。子供のいるひとが憎いとさえ思うこともありましたが、今は他人さまでも世のために多くの子供に生まれてほしいと思います。
ほしくてもできない人の気持ちも思い、妊娠と出産と子育てを何よりも喜び大切にしてほしいと思います。新しい命に心から祝福します。

近年、赤ちゃんが授かりにくい方も大勢いるので

といなずき

出産に関するお祝いの存在はしっていましたが、授祝があると知り、嬉しくおもいます。
近年、赤ちゃんが授かりにくい方も大勢いるのでとてもよい習慣だと思います。

心が折れそうな日々を過ごすことも多いです

といなずき

授祝という言葉を頂いて初めて知りましたが、すごく素敵な考え方だと思います。 私は現在妊娠三ヶ月の妊婦ですが、つわりが大変ひどく家事もできずに、心が折れそうな日々を過ごすことも多いです。もちろん妊娠はうれしかったのですが、実際寝たきりで人と会うこともできずにいると、友人から妊娠プレゼントが届きました。
お返しを気にするような高価なものではありませんが、その気持ちの優しさに感動しました。
私も妊娠の報告を受けた時には、温かい気持ちをプレゼントしたいと思い、プレゼントしました。

不安を乗り越えて母子共に乗り切って欲しい

といなずき

妊娠プレゼントは出産時よりもある意味"門出"という気がします。
妊娠中から"お母さん"になる準備が始まっているのと、自分の体が変わっていく時だからです。
どうか不安を乗り越えて母子共に乗り切って欲しいと経験から強く願い授祝を贈りました。
(自分がかなりナーバスになっていたので)

授祝という言葉を頂いて初めて知りました。

といなずき

授祝という言葉を頂いて初めて知りました。すごく素敵な考え方ですね。
私は現在妊娠三ヶ月の妊婦ですが、つわりが大変ひどく家事もできずに、心が折れそうな日々を過ごすことも多いです。
もちろん妊娠はうれしかったのですが、実際寝たきりで人と会うこともできずにいると、友人から妊娠プレゼントが届きました。
お返しを気にするような高価なものではありませんが、その気持ちの優しさに感動しました。 私も妊娠の報告を受けた人がいて、温かい気持ちをプレゼントしたいと思って授祝を贈りました。

一緒に赤ちゃんの誕生を楽しみに待とうね!

といなずき

妊娠を心から喜ぶ気持ちはあっても、無事に出産が終わるまでは、それを形に表していいのかどうか迷うことが多く、実際にお祝いをしたことはありませんでした。
授祝というものがあると知り、これがもっと一般的になれば、おめでとう!の気持ちももっと素直に伝えることができるかもと思いました。
私自身、二人目の妊娠中はつわりがひどかったり、出血や切迫早産で長期に入院したりで、出産を楽しみにするような心の余裕はなく、家族や親類にかける迷惑や自分の不安で押しつぶされそうになっていましたが、もしこれから周りにそのような妊婦さんがいたら、そんなときこそ「大丈夫だよ、一緒に赤ちゃんの誕生を楽しみに待とうね」と声をかけて祝ってあげたいと思います。

授かったことを祝ってあげるのはすごく素敵

といなずき

出産祝いって良く聞きますが、授祝ってはじめて聞きました。
確かに産まれるより前に、授かったことを祝ってあげるのはすごく素敵だと思い贈りました。

妊娠は家族や周囲もみんな笑顔になれる!

といなずき

個人的な主観ですが、妊娠はとてもうれしいことだと思う。
子供を授かる事で、家族や周囲もみんな笑顔になれる!
つわりや精神的に不安定になったりするので、そういうときにちょっとしたプレゼントをもらったりすると、すごくうれしいと思うので、授祝を贈ってあげました。

自分の体と子どもの体を大切にしてほしい

といなずき

第1子では嫁が予想以上に情緒不安定になったことを覚えています。
第2子、第3子ではそんなことはなく、母親になると女性は強いなと思いました。
命を授かることは本当に素敵なことだと思ってるので、自分の体と子どもの体を大切にしてほしいと思ってます。

もっと大々的に祝うべきだと思います。

といなずき

私も子を持つ親として、大変共感できる部分がたくさんありました!
いままで授祝をしたことがなっかたので、今回は少しドキドキしながら贈りました。
妊婦プレゼントは若い人たちの間では、一般的ではなくなっています。
おめでたいことなので、もっと大々的に祝うべきだと思います。

気持ちをプレゼントにのせて届けるんですね。

といなずき

無事に生まれるまでは、なかなかお祝いできないと思っていましたが、やはり赤ちゃんを授かったお祝いは必要と思いました。
なにより気持ちが一番。
それをプレゼントにのせて届けるんですね。
授祝は贈ってみてきがつきました。
もっともっと授祝が一般的になればいいのに、って思います。
わたしが心配しなくてもすぐになりそうですが。(スミマセン)

妊婦さんを応援したい気持ちで授祝を贈りました。

といなずき

妊婦生活は、体の変化や心配ごとも多く、つらいことも多い。
妊婦さんをいたわってあげる、授祝はいいことだと思います。
わたしは妊婦さんを応援したい気持ちで授祝を贈りました。

初めての妊娠だと喜びもひとしおなので

といなずき

わたしの場合、といなずきを安産祈願のお守りにともらいました。
最近私の周りに続々と妊娠報告があります。
わたしも安産祈願としてといなずきをプレゼントしようかなと思っています。
出産はもちろんですが、やはり初めての妊娠だと喜びもひとしおなので、心のこもった授祝は素敵だと思います。

授祝は夫からもらうのが、一番うれしいはず!

といなずき

出産祝いは友達からもらうだろうし、
「授祝は夫からもらうのが、一番うれしいはず!」と思って妻へ贈りました。
母になりつつある妻へ、いつも言えなかった気持ちをメッセージにのせて。
おなかの子と3人で幸せになります。

授祝には感動がある。

といなずき

自分の分身でもある赤ちゃんを授かることはとても美しく偉大なことだと思います。
それだけに感動がある。
だからこそみんなが授祝を贈って祝福するんでしょうね。
わたしもそうでした。

授祝こそがもっとも必要な祝いだと気づきました。

といなずき

私の周りでは、今、妊娠フィーバー中。
みんなめっちゃ幸せそうです。
だからわたしも心からお祝いしてあげたい!
実際贈ってみて、授祝こそがもっとも必要な祝いだと気づきました。

自分が妊婦プレゼントをもらったらうれしかっただろうな

といなずき

今回妊娠プレゼントを贈るまで、授祝という考え方はありませんでした。
やはり流産を経験した人がまわりにもいたので無事に生まれるまではわからないという雰囲気でした。
でも、もし自分が妊婦プレゼントをもらったらうれしかっただろうなと思って贈りました。
自分のまわりは年齢的に妊娠のピークは終わってしまいましたが、また後輩など、これから妊娠した人がいたら授祝を贈りたいです。

自分が経験したから授祝を贈りやすかった。

といなずき

自分が授祝をいただいたとき、うれしさ半分、きちんと育ち産むことができるだろうかというプレッシャー感じたことを思い出しました。
まわりの中でも一番に私が妊娠したこともあり、妊娠がどんなものかもわからない手探りの中で、みんなの応援がどれほど励みになったり助かったりした記憶があります。
自分が経験したから今度誰かが妊娠したときは授祝を贈ることがしやすくなったかなと思ってます。

妊娠は人生で一回きりという人が多いので。

といなずき

親友に女の子が授かったとの報告を受けました。
体が弱く子を授かるかどうかわからなかったけど、めでたく授かる事ができて喜びも人一倍でした。
今の時代、妊娠は人生で一回きりという人が多いと聞きました。
だから授祝というのは大切にしてもいいお祝いだと思います。

選んでいるこっちも幸せになれました。

といなずき

出産のときにお祝いをするので、授祝はやめておこうかな〜と思っていました。
でも素敵な想いだとは思っていて、
赤ちゃんにではなく、友人が使えるものを・・・と考えたら授祝でした。
授祝はとてもおめでたいもの。
選んでいるこっちも幸せになれました。

妊娠を一緒になってお祝いしてあげたい

といなずき

初めての赤ちゃんなら心配も一入だと思いました。
妊娠を一緒になってお祝いしてあげたいと思い授祝を贈りました。
「勇気付けられたよ!」
この一言で、プレゼントを贈ってよかったなーと実感しました。

安産を本当に願っているので。

といなずき

なかなか子供を授からず、不妊治療をしていた友人から、妊娠の報告を受けました。
安定期に入ったら授祝を絶対に贈ります。
命を授かった喜びを伝えたいですし、安産を本当に願っているので☆ 

授祝を贈りつづけて応援しています。

といなずき

わたし自身、妊娠して始めの4〜5ヶ月までは悪阻で実感がなく、嬉しさは安定期になりマタニティドレスを着るようになってから実感が湧いてきました。
そんな時に友達から「おめでとう」と言われたり、授祝をいただいた時は、やはり嬉しかったのを覚えています。
だからわたしも、授祝を贈りつづけて応援しています。

毎回なにを贈るかいつも迷います。

といなずき

親友が妊娠してはじめて授祝をプレゼントしました。
お宅へお邪魔したときに手渡ししました。
目に涙をうかべてメッセージを読んでくれていました。
今年、わたしのまわりは結婚ラッシュです。
来年には妊娠ラッシュがやってくると思います。
毎回、なにを贈るかいつも迷いますが、また授祝を贈らさせていただきます!!

勇気付けたくて、授祝を贈りました。

といなずき

私も1児の母ですが、妊娠初期や中期は何かとナーバスになりました。
そんな時期に授祝をもらうと、とても勇気付けられると思い贈りました。
妊娠することは、はとても喜ばしいことです。
自分にもパワーをもらえました。

子供を欲しがる人が増えますね。

といなずき

少子化の時代に授祝のような心温まるお祝いの心が涵養されれば、
子供を欲しがる人が増えるかもしれませんね。
最も幸せな時 = 最幸 。
最幸なお友達にに「おめでとう」を伝えました。
授祝を贈った自分も、幸せを感じることができました。

▲ページトップへ